エアロバイクの種類

エアロバイクには大きく分けて3つのタイプに分かれます。

一つづつ紹介します。


【1】アップライトタイプ

エアロバイク5211

アップライトタイプは、エアロバイクの代表的なタイプです。

形状は自転車とほぼ同様なスタイルで、皆さんが最もよく目にしているのもこのタイプだと思います。いわゆるママチャリ自転車に乗ったときと同じような姿勢で上半身を起こした状態で運動するように設計されているものをアップライトタイプといいます。

機種数も豊富で、多くのマシンでは運動時間、走行距離、消費カロリー、心拍数の表示や自分用のプログラム登録などができるようになっています。

家庭で利用するなら"ながら運動"にも合っているアップライトタイプをお勧めします。

お子様からお年寄りまで家族での利用も可能です。

また、一人暮らしなど部屋に置き場があまりないという方には折りたたみ式の省スペースタイプもあります。

負荷の強いタイプ、負荷の弱いタイプがありますので、自分の体力や目的に合わせて自分に合ったものを選ぶようにしてみてください。


【2】リカンベントタイプ

リカンベント

背中にもたれかかるタイプのことをリカンベントタイプといいます。

自転車のサドルの形状ではなく背もたれがついており、後ろにもたれかかって足を前方に出して漕ぐタイプです。スポーツジムなどでは見かけることがあるかと思います。


リカンベントタイプの特徴は、上半身の負担が少ないこと。また、足の運動位置と心臓の高さにあまり差がない設計になっており、血液の循環によく心臓の負担を小さくしています。

高齢者の方やリハビリに利用されることも多い体にやさしいエアロバイクです。

欠点は、サイズが大きくなるため設置スペースを広くとれる場所が必要になるところです。


【3】スピンバイクタイプ

スピンバイク

スピンバイクタイプはアップライトタイプと似ていますが、違いは上半身がスポーツタイプの自転車に乗っているような前傾姿勢での運動になります。

自転車競技者やアスリートなど本格的なトレーニングをする方向けのエアロバイクで、負荷がかなり強くなっています。ダイエット目的な方や初心者には適していません。


自分の目的にあったものを選択することが成功への第一歩になりますので、自分の目的をよく考えて機種の選択をしてください。

機種一覧ページを参考にしてみてください。